日本語教育の資格取得と検定への対策

語学を活かした仕事というと、英語教師や通訳の仕事があげられますが、語学の仕事は必ずしも外国語の知識が必要というわけではありません。

知って大満足の日本語教育の検定が広く知れ渡ってきました。

日本人も意外と正しい日本語を使えていない人は多くなっていますし、日本で住む外国人に日本語を教える日本語教師の需要も高まっています。



日本語教育の仕事に就くのであれば、やはり正しい日本語をしっかりと身につけ資格も取得しておきたいところです。

日本語教師は特別な資格や教員免許がなくてもなることはできますが、採用試験では日本語の知識が身についているか、教え方が身についているかを確認されることになります。

検定に合格し資格を取得しておくことは、一定の日本語教育の知識やスキルがあるという証明となり、就職や転職の際にも有利となります。


日本語教能力検定は日本語教員となるために学んでいる人や日本語教員として活躍している人を対象としており知識が基礎的な水準に達しているかを判断するものとなっています。



日本語を話せれば誰でも合格するというわけではなく、日本語教育検定の合格率は20パーセント台と決して高くはありません。

それゆえ、合格し、資格取得を目指すのであれば試験への対策はしっかりと行っておく必要があります。勉強の方法としてはテキストなどを使って独学で学ぶという方法もありますし、通信教育を利用する人も多くなっています。


より質の高い勉強をするのであれば、やはり専門学校やスクールで学ぶことも考えていきたいところです。

専門スクールでは日本語教師になるための知識をしっかりと身につけていくことができますし、検定への対策も行われています。